[インジェクションチューニング]

WORKFLOW

セッティングの流れ

Shaftイメージ

Step1申し込み

電話、メール、来店にてインジェクションチューニングを申し込み下さい。

Step2車両をお預かり

お客さまの車両をお預かりします。 ご来店または陸送サービスもご利用下さい。

Step3車体の状態を確認

1. タイヤ 5分山以上の山、異物の有無、空気圧をチェック

2. プラグ 新品に交換後、使用5000km以下を推奨

3. エンジンオイル 新品に交換後、走行距離500km以下推奨

4. ドライブベルト、チェーンが適正なテンションかをチェック

5. セッティング用燃料の残量をチェック

Step4エンジンの診断とチューニング、エンジンカスタムの内容を決定

チューニング前のエンジンがどういう状態にあるかを診断し、インジェクションチューニングの方向性や内容、およびハイリフトカムの導入やボアアップなど、エンジンカスタムを行う場合は、その内容をお客様と相談の上決定します。

Step5エンジンカスタム、フラッシュデバイスの取り付け

エンジンを分解してパーツを取り付け、純正ECM内のマップを書き換えるフラッシュデバイスを取り付けます。既にお使いのフラッシュデバイスを使用することもできます。

Step6チューニングとパワーチェック

エンジンカスタムが終了した後、シャシーダイナモ上でバイクを擬似的に走行させながら、予め決めたチューニングの方向性に沿った新しいマップを製作します。フラッシュデバイスで純正ECM内のマップを新しく製作したものに書き換えます。

Step7すべての作業が終了した後、パワーグラフと共に納車となります。

ご注意


上記にある「車体の状態を確認」で当社の定める基準に合致しない車両では、車体の故障や破損、想定通りパワーが出ないなどの事態が発生する可能性があります。セッティング時にはシャーシダイナモ上で結構な距離を走ることになります。そのための燃料はお客様のご負担でお願いしております。入庫時に燃料の残りが少量の場合、燃料代はセッティング料金と別途請求させていただきます。

セッティングに使用するO2センサーをエキゾーストパイプに取り付けます。センサー取り付け用アダプターのないバイクは、センサー用アダプターの取り付け加工が必要です。その際にはエキゾーストパイプに穴あけ加工をします。アダプター用に開けた穴は専用カバーで塞げます。加工費、部品代はセッティング料金と別途になります。

株式会社SHAFT 〒366-0051 埼玉県深谷市上柴町東3-16-14 柴崎8番倉庫 TEL. 048-501-7893 FAX. 048-501-7894

COPYRIGHT SHAFT Co., Ltd. All Rights Reserved.